大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

実務経験はEメールの扱いに差が出るのだろうか

こんにちは。エイキチです。

私は現在トライアル雇用で働いてますが、毎日ある程度のEメールが届きます。 メールの管理は結構慣れが必要だと感じたということを書きます。

就労移行支援

私は大学・大学院を出た後、プログラマーを3年半ほどしていました。最初の頃に驚いたのは、毎日たくさんのEメールが飛び交うということです。出向先のプロジェクトに参加すると、メールアドレスが割り当てられます。メーリングリストで事務連絡が来るような方式を取っているところがほとんどだった気がします。また、個人宛ての連絡もCCに登録されていて、自分にも届くという感じです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20190204195041j:plain

CCというのは、カーボンコピーの略で、関連があるからCCで他の人にも送るとか、そんな感じの使い方です。上司が二人の部下A、Bを持っている場合、Aに送る仕事上の指示のメールをCCでBにも送るということがあると思います。

私が会社を辞めた後、半年くらいたってから就労移行支援のサービスを利用開始しました。私が通った事業所は一人一台ノートパソコンが利用できるという状況で、利用者は全員、個人のアドレスが割り当てられていました。

メールアドレスを割り当てられていましたが、Eメールを使う機会はほとんどありませんでした。帰りに日報を入力して、定められたアドレスに送信するということはありましたが、それ以外に使ったことはありません。

メールが職員から来るという事は全くなく、私の場合、受信メールボックスに1件もメールがない状態だった気がします。

私は就労経験があり、Eメールがたくさんくるという経験をしていましたが、就労経験がない人はEメールの扱いかたが良く分からず就職していったのではないかと思います。

同期の方

私は現在、トライアル雇用で働いています。プログラマーに近い技術職です。私の他一人が同期にいます。

今日は同期の方が上司にEメールの相談をしていました。たくさんメールが溜まってきて良く分からなくなってきてしまったということを言ってました。上司との今までの会話から就労経験は今回が初めてだったようで、CCで送られてくるメールが毎日2、3通はある感じなので、それが溜まって行って、自分宛のものとごちゃ混ぜになってしまったのでしょう。

業務経験が初めての場合、自分宛のメールの内容を理解するのも大変で、CCで送られてきたメールの内容まで把握するのは難しいのかもしれません。

とりあえずフォルダに分ける

受信したメールの管理方法は人によって様々かも知れません。Eメールを扱うソフトをメーラーと呼ぶのが一般的なようですが、メーラーには大抵、受信ボックスの配下にフォルダを作り、メールをその配下に移動させることが出来ると思います。

なので、フォルダを分けてメールを管理するのが一般的でしょう。

どのようなフォルダ構成にすればよいのか、私は未だに最適な方法は分かっていませんが、プロジェクトのフォルダを第一階層とするのが良いと思います。

とりあえず、一番わかりやすいのは以下の構成でしょうか。

プロジェクトA
 ┣ 担当
 ┗ 担当外

自分宛に来たプロジェクトAに関するメールは上記の「担当」フォルダ、CCで来たプロジェクトAに関するメールは上記の「担当外」フォルダという感じで分けるのが、第一段階だと思います。

また、健康診断などの事務連絡のメールも来るので、「事務連絡」というフォルダを作っておくのも良いと思います。

職場次第かもしれない

障害者雇用でどのような業務をするようになるかは、人によって全然違うと思います。なので、全然Eメールを使わないという職場もあるかも知れません。事業所での訓練内容を見るとEメールの扱いはそれほど重要視されていないようなので、私のような職場の方が珍しいのかもしれません。

それでも教養として、Eメールの扱いは知っておいた方が良いと思います。全然Eメールを使わない職場が、ある日突然、Eメールによる連絡が導入されてる可能性もあります。

最後に一言

未読メールが溜まると厄介です。