大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

就職後も就労移行支援のお世話になることがある

スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

今日は以前に通っていた就労移行支援の事業所に行きました。そのことを書きます。

就労移行支援

私は3年ほどまえに体調不良で会社を辞めて、しばらくしてから就労移行支援の事業所に通うことになりました。退職の時は適応障害という診断だったのですが、その後の検査で発達障害ということがわかり、障碍者手帳をとりました。そして、障害者雇用での就職を目指し、就労移行支援の事業所に通ってました。

今年の夏ころ、ある会社の実習があり、合格したのでそこに就職することになりました。10月から働いています。私が通っている事業所は、運営会社が複数の事業所を運営していて、他の事業所に来ていた実習の案内が回ってきたという感じです。事業所をたくさん運営している方がこういう実習の情報が多く得られるという事かも知れません。とにかく、私は運が良かったと思います。

上司が心配しているらしい

最近、私は疲れて見えることがあるらしく、上司が仕事で疲れているのかという事を心配しているらしいのです。そのことを事業所の担当者に上司からお話があったらしく、私に連絡がありました。そして、今日、事業所にいってそのことについて職員とお話しました。

就職してからも半年くらいは定着支援というサービスがあるらしく、その関係で今回、事業所の職員とお話しすることになったのだと思います。就職してからもしばらくはお世話になっているということです。

今日は祝日

今日は祝日なのですが、私が通っている事業所は休日開所の日でした。祝日が多い月は平日が減るのですが、そうなると、事業所が開所すべき日数を達成するために、祝日や土曜日に開所するという事をするようです。理由は分かりませんが、就職をしたOB/OGの人たちが参加することもできます。

今日の休日大会はボーリング大会へ向けての練習をするという日でした。午前中は自由で、午後にボーリング大会というものでした。お昼はお寿司をみんなで食べるという企画でした。費用は事業所が負担してくれます。他の事業所はどうなのか分かりませんが、お昼代を出してくれるというシステムは私とっては大変ありがたいです。しかも、毎回、なかなか美味しいものが食べられるというので、私はなんてすばらしい事業所に通っているのだと感激していました。

お昼を堪能

上記の通り、お昼はお寿司を食べました。1000円くらいのメニューです。予算の関係で頼めるメニューは限られていましたが、それでも有難い話です。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181123180615p:plain

ほとんどの人が同じメニューを頼んでました。なので、気づいたのですが、私のいくら巻きだけちょっといくらが少ない気がします。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181123180612p:plain

それでも美味しくいただきました

就職してからもこのような機会に事業所にいって楽しめるのは、事業所の職員の方たちと相性が良いからでしょうか。私にとって大変良い事業所に通えたと感謝しています。

最後に一言

次に休日開所があるのはクリスマスの時期だと思います。お昼目当てに参加する予定です。

参加中 にほんブログ村 成人発達障害