大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)22:リボンの表示タブで便利そうなもの


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回はリボンの表示タブで便利そうなものを使ってみました。

リボンの表示タブ

Excelを起動して新規のブックを開くとリボンは「ホーム」タブが選択された状態です。タブはいくつかあり、「表示」タブというものがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222936p:plain

「表示」タブの内容には、以下ののグループがあります。

  1. ブックの表示
  2. 表示
  3. ズーム
  4. ウィンドウ
  5. マクロ

最後の「マクロ」グループは「マクロ」ボタンだけです。初心者のうちは使わないと思うので、今回は使いませんでした。

他の各グループで便利そうなものをひとつずつ使ってみました。

改ページプレビュー

「ブックの表示」グループに「改ページプレビュー」というボタンがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222933p:plain

印刷の時にページ設定する必要が生じると思いますが、そのようなときは上記の「改ページプレビュー」ボタンを利用すると良いと思います。クリックするとシートの表示が「改ページプレビュー」という表示に切り替わります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222931p:plain

青い線をドラッグすることで、印刷範囲を変更することが出来ます。また、セルを右クリックするとメニューが表示さて、そのなかに「改ページの挿入」という項目があります。これで青い線を引くことが出来ます。これで、1ページ目、2ページ目などの範囲を決めることが出来ます。

元の表示に戻すためには、「ブックの表示」グループの「標準」ボタンをクリックします。

目盛線

「表示」グループに、「目盛線」という項目のチェックボックスがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222923p:plain

初期状態ではチェックが入っています。これはセルを区切る線の表示がONになっているという事のようです。チェックを外すと、目盛線は消えます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222920p:plain

出来上がった資料はこの表示の方が見やすい・・・かもしれません。私はは今までで、この設定をしたことはないですが、目盛線OFFのExcelファイルを職場で見たような気がします。

ズーム

「ズーム」グループには「ズーム」ボタンがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222829p:plain

このボタンをクリックすると、ダイアログが表示され、好きなズームに変更することが出来ます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222825p:plain

ズーム機能は便利ですが、このボタンでズーム調整したのはすごく昔です。いつの頃からか分かりませんが、ctrlキーを押下しながらマウスホイールを動かすと拡大縮小が出来るのです。Windows 98のころはマウスにホイールがなかった気がします。なので、その頃は「ズーム」ボタンで調節していた気がします。

ウィンドウ枠の固定

「ウィンドウ」グループに「ウィンドウ枠の固定」ボタンがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222821p:plain

このボタンをクリックすると、メニューが展開されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222816p:plain

以下の3つがあります。

  1. ウィンドウ枠の固定
  2. 先頭行の固定
  3. 先頭列の固定

「先頭行の固定」を選ぶと、先頭行がスクロールしても固定さて表示されます。例えば、以下の画像のように動作します。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222812p:plain

行見出しを見るとわかるのですが、1行目の次に11行目が表示されています。下にスクロールしても1行目は固定されて表示されているということです。

「先頭列の固定」も列について同様の動きをします。例えば、下の画像のように動作します。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222727p:plain

列見出しを見ると、Aの次がDになっています。A列が固定さているということです。

「ウィンドウ枠の固定」はアクティブセルを基準に行と列を固定してくれます。例えば、セルB2をアクティブセルにして「ウィンドウ枠の固定」を選択すると、下の画像のように動作します。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222724p:plain

行や列の固定をすると、「ウィンドウ枠の固定」の箇所が「ウィンドウ枠の固定の解除」という項目に変わります。解除したいときはこれを選択します。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181101222721p:plain

上記の項目を選択sると、スクロールの動きを解除できます。

最後に一言

ウィンドウ枠の固定は大きな表を扱うときに便利です。