大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)19:縦棒グラフを作成してみる


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回は縦棒グラフを作成してみました。

サンプルの表

Excelではグラフを作成する機能があり、作成できるグラフの種類はたくさんあります。前回は円グラフを作成してみました。

今回は縦棒グラフを作成していきます。

以下の表をサンプルとして使います。前回のをちょっと数値変えました。

商品 1999年 2000年 2001年
A 100 150 50
B 200 250 25
C 300 350 10
f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029205045p:plain

他の表にしようとも思ったのですが、良い例が思いつきませんでした。

縦棒グラフの作成

今回は表全体の縦棒グラフを作成します。表全体をドラッグするか、表の一部をアクティブセルにして、「ctrl + a」で表全体を選択します。

「挿入タブ」の「グラフ」グループに縦棒グラフのボタンがあります。クリックすると、メニューが展開されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029205037p:plain

「2-D 縦棒」という分類に3つの選択肢があります。

  • 集合縦棒
  • 積み上げ縦棒
  • 100%積み上げ縦棒

とりあえず3つとも作成してみました。

集合縦棒

以下のグラフが作成されました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029205035p:plain

標準的な棒グラフです。昔は私はこのタイプの棒グラフしか知りませんでした。

積み上げ縦棒

以下のグラフが作成されました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029205032p:plain

積み上げられているので、合計がわかる・・・というのが利点なのでしょうか。各項目の割合も見やすいので、それも利点なのかも知れません。

100%積み上げ縦棒

以下のグラフが作成されました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029205028p:plain

これは縦棒の高さは同じにするというグラフのようです。割合に注目するならこれを使うのが良いのでしょうか。

グラフタイトル

以下、集合縦棒のグラフを扱います。

前回の円グラフと同様、グラフタイトルがあります。初期状態では「グラフ タイトル」という文言なので、ここを変更するのが毎回必要でしょう。今回は「売上」とします。グラフタイトルをクリックすると、枠線が表示されます。そのあとにもう一度クリックすることで、編集状態になるようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029204924p:plain

編集状態ではEnterキーを押下すると改行されます。編集を確定するためにはセルを何処でも良いのでクリックするなど、グラフタイトル以外をクリックする必要があるようです。

縦軸・横軸のラベル

グラフを作成した時点では縦軸と横軸が表示されていますが、この値の説明がないです。説明のためのラベルを表示させる方法はいくつかあるようですが、今回はショートカットツールを使う方法でやってみようと思います。

まず、ショートカットツールですが、これはグラフエリアをクリックすると、右上に3つ出てきます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029204921p:plain

十字マークのアイコンをクリックすると、メニューが展開されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029204919p:plain

軸ラベルという項目があるので、これにチェックを入れます。そうすると、軸ラベルが表示されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029204916p:plain

あとは、グラフタイトルの時と同じように編集するだけです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181029204914p:plain

最後に一言

軸ラベルが用意されているのは親切だと思います。