大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)18:円グラフを作成してみる


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回は円グラフを作成してみました。

サンプルの表

Excelではグラフを作成する機能があります。グラフの種類はたくさんあるのですが、今回は円グラフを作成してみようと思います。

以下の表をサンプルとして使います。

商品 1999年 2000年 2001年
A 100 101 102
B 200 201 202
C 300 301 302

商品の売り上げ個数の表という事にします。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202122p:plain

表の左上をA1します。

円グラフをとりあえず作成

2000年の売り上げ個数の円グラフを作成したいと思います。

まず、A2からA4とC2からC4を選択します。離れた領域を選択することになるのでctrlキーを使って、それぞれの領域をドラッグします。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202112p:plain

「挿入」タブの「グラフ」グループに円グラフのボタンがあります。これをクリックします。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202109p:plain

今回は標準的な円グラフを作成するので、「2-D 円」の分類にある「円」を選択します。クリックすると、円グラフが作成されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202105p:plain

上の画像のような円グラフがシートの中央付近に作成されます。グラフエリアと呼ばれるキャンバスのようなものに円グラフが描画されています。グラフ作成直後はグラフエリアが選択状態になっています。

グラフエリアが選択されている状態では、グラフのデータもとのセルと凡例もとのセルに色付きの枠が表示されます。凡例というのはグラフの色分けの説明みたいなもののようです。今回は商品名「A」、「B」、「C」を凡例に使ってます。グラフの下に表示されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202101p:plain

また、グラフエリアの右上にはショートカットツールと呼ばれるアイコンが表示されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202018p:plain

グラフのタイトルを編集

グラフの上には「グラフ タイトル」という部分があり、初期状態では「グラフタイトル」という文言が設定されています。「グラフ タイトル」を何度かクリックすると編集できるようです。今回は「売上個数 2000年」に編集してみます。編集を確定したい場合、無関係のセルをクリックすれば良いみたいです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202010p:plain

ちなみに、「グラフ タイトル」が選択された状態では「ホーム」タブの「フォント」グループの「フォントサイズ」の数値を変えると文字の大きさを変更することが出来ます。

グラフの移動

グラフエリアの白い箇所にマウスカーソルを合わせると、マウスカーソルの先に十字の矢印が表示されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181028202007p:plain

この状態ではグラフエリアをドラッグすることが出来ます。これで好きな位置に移動することが出来ます。また、グラフエリアをクリックして選択状態にすれば、「ctrl + x」で切り取ることもできます。そのあと、「ctrl + v」でアクティブセルを基準にして貼り付けられます。アクティブセルの左上がグラフエリアの左上に重なるように貼り付けられるようです。

グラフのサイズ変更

グラフエリアをクリックすると、グラフエリアの周りの枠線が青くなります。四隅と辺の中央に○印が表示されます。これをドラッグすることでグラフエリアのサイズを変更することが出来ます。

この○印をドラッグしているときにaltキーを押下していると、セルの枠線に合わせてサイズ変更が出来ます。

最後に一言

グラフの作成自体は結構簡単に出来るようになっているようです。