大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)11:セルの結合など


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回はセルの結合などの設定を変えてみることをしました。

リボンの配置グループ

私は現在、Office 365のExcelを使っています。Excel 2016などと同様、画面にはタブとリボンがあります。初期表示では「ホーム」タブのリボンが表示されています。

そのなかに「配置」グループがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195158p:plain

前回は中央揃えなどの機能を扱ってみました。

今回は「配置」グループの中で使ってなかったボタンを使ってみました。

折り返し

「配置」グループの上側の一番右のボタンは文字の折り返しを設定するボタンです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195156p:plain

初期状態ではセルの幅を超えて長い文字列を入力しても、はみ出て表示されます。このボタンでは折り返し表示する設定にできるようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195154p:plain

上の画像のように、セルの横幅に合わせて文字を折り返してくれるようです。縦の幅は自動的に増えるという動作のようでした。

セルの結合ボタン

「配置」グループ一番右下のボタンではセルの結合について設定できるようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195152p:plain

初期状態では「セルを結合して中央揃え」ボタンが表示されています。右側の下向き三角ボタンをクリックすると、他の項目もあることが分かります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195149p:plain

上から順に以下の項目があります。

  • セルを結合して中央揃え
  • 横方向に結合
  • セルの結合
  • セルの結合の解除

以下の図は横方向に複数のセルを選択して、「セルを結合して中央揃え」、「横方向に結合」、「セルの結合」をしてみた結果です。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195103p:plain

横方向に結合、セルの結合は同じ動作になりました。文字列を入力しているので表示は左寄せのままです。

以下の図は縦方向に複数のセルを選択して、同様の操作をしてみた結果です。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195101p:plain

「横方向に結合」は何も変化はありませんでした。

最後に、4×4マスでの動作を見てみました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195059p:plain

「セルを結合して中央揃え」と「セルの結合」は4×4マスすべて結合しました。それに対して、、「横方向に結合」は行ごとに横方向のみ結合をするという動作をしました。横方向に結合するのを複数行行いたいときに使う機能のようです。

インデント

「配置」グループ中央の下のボタンではインデントを調節できます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195057p:plain

それぞれ、「インデントを減らす」ボタン、「インデントを増やす」ボタンです。

インデントというのは左端からどのくらいの幅を開けて文字を開始するかというものらしいです。

以下の画像ではインデントを増やすことをしています。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181021195056p:plain

このボタンの利点はセルの内容を変化させていないところだと思います。空白を入力して調節することをしてしまうと、セルの内容が空白から始まることになります。これだと不都合が生じる可能性があるかもしれません。

最後に一言

セルの結合は表のタイトルに使ったりするようです。