大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)10:文字の配置など


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回は文字の配置などの設定を変えてみることをしました。

リボンの配置グループ

私は現在、Office 365のExcelを使っています。Excel 2016などと同様、画面にはタブとリボンがあります。初期表示では「ホーム」タブのリボンが表示されています。

そのなかに「配置」グループがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213831p:plain

このグループでは文字の配置について設定をすることが出来るようです。

水平方向の位置

「配置」グループ左下3つのボタンは水平方向の位置を設定するボタンです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213829p:plain

左からそれぞれ以下の設定が出来ます。

  • 左揃え
  • 中央揃え
  • 右揃え

文字列をセルに入力した場合、左揃え表示になりますが、このボタンを使えば右揃えにすることが出来ます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213827p:plain

この3つのボタンは関連していて、一つだけON状態に出来るものです。「右揃え」ボタンをクリックすると、少し色が濃い灰色になります。その後、「左揃え」ボタンをクリックすると、「左揃え」ボタンが少し色が濃い灰色になり、「右揃え」ボタンは元に戻ります。

垂直方向の位置

水平方向の位置のボタンの上にある3つのボタンは文字の垂直方向の位置を設定するボタンです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213825p:plain

左からそれぞれ以下の設定が出来ます。

  • 上揃え
  • 上下中央揃え
  • 下揃え

初期状態では「上下中央揃え」ボタンがONの状態になっています。これらの設定は行の高さを大きくしたときに変化が分かるようです。初期状態では行の高さは「18.75」という値ですが、これだと上揃えや下揃えは見た目には変わったかどうかわかりませんでした。行の高さを変更すると変化が分かりました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213823p:plain

上の画像では行の高さを「30」という値にしています。

文字の方向

「配置」グループの上側真ん中のボタンでは文字の方向を設定できるようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213718p:plain

このボタンは右側に下向き三角マークがあります。こういうパターンではクリックで項目が展開されるパターンです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213715p:plain

上から最初の2つでは文字を斜めに表示させるようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213712p:plain

上の画像のように、「左回りに回転」、「右回りに回転」はそれぞれ45度回転してくれるようです。

残りの3つは「縦書き」、「左へ90度回転」、「右へ90度回転」です。文字通りの機能です。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213708p:plain

上の画像のような動きなのですが、水平方向の位置も変化するようです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181020213704p:plain

一番下に「セルの配置の設定」という項目があります。これをクリックすると、「セルの書式設定」ダイアログが表示され、「配置」タブの内容が表示されます。左上の部分で角度を自由に設定できるようです。

残りのボタン

「配置」グループの残りのボタンは次の回に紹介しようと思います。

最後に一言

「縦書き」は意外と使う場面がありそうだと思いました。