大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

Excelに挑戦(基礎)8:表に罫線付けてセルに色を付ける


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

最近、Office 365のExcelを使っています。今回は罫線とセルの色についてです。

とりあえずデータを並べる

Excelはセルが並んでいるので、表を作るのに便利です。

とりあえず、以下のサンプルデータを入力します。点数の表です。

学期数学国語
17081
27182
37283

この表を左上をB2にして入力してみます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201320p:plain

これだけだと表は見ずらいと思います。まず罫線を引くと見やすくなるでしょう。格子状に薄く引いてある線は印刷時には表示されないこともあり、表には罫線を付けた方が良いです。

罫線

罫線を簡単に使う方法はリボンにあるボタンを使う方法です。「ホーム」タブの「フォント」グループに罫線ボタンがあります。私の場合、下罫線のボタンが表示されています。右側にある下向むき三角ボタンをクリックすると、他の項目も一覧で表示されます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201313p:plainf:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201317p:plain

罫線ボタンの一覧に「太い外枠」というがあります。これはアクティブセルの上下左右に太線の枠線を付ける項目です。セルは複数領域を選択できます。

B2からD5をドラッグして、上記項目をクリックすると、ドラッグした領域の上下左右に太線が引かれます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201315p:plain

しかし、これだけでは外枠がはっきりしただけで、寂しいです。なので、今度は罫線の一覧にある「格子」を選んでみます。

B2からD5をドラッグして、上記項目をクリックすると、ドラッグした領域に格子が引かれます。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201313p:plain

格子が引かれたのは良いのですが、これは標準の太さの線です。なので、先ほどの外枠の太線は上書きされてしまいました。なので、もう一度、B2からD5をドラッグして、「太い外枠」をクリックします。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201311p:plain

外枠が太線で上書きされました。これで少し表が見やすくなったと思います。

セルに色を付ける

今回の表では、データをよく見ると、1行目が各列の見出しになっています。なので、見出しに色を付けたくなります。見やすくなるからです。

リボンの「フォント」グループに塗りつぶしボタンがあります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201226p:plain

私の場合、黄色で塗りつぶすボタンが表示されています。右側の下向き三角ボタンをクリックすると、選択できる色の一覧が出てきます。クリックすれば、セルの背景にその色が付きます。

B2からD2をドラッグして、好きな色で塗りつぶせば、表らしくなります。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181018201224p:plain

どの色がベストなのかは良く分かりません。人によって、好みは違うと思います。

最後に一言

実は私には表をきれいに見せるセンスがありません。