大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

実習の交通費は侮れない


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

実習に何度も行くと交通費が結構かかるという話をします。

就労移行支援と実習

私は現在、就労移行支援サービスを受けています。どういうことかというと、就労移行支援サービスを提供する企業が運営している事業所に通っているということです。最大2年間の利用が出来ますが、私の場合は残り数か月になりました。最近は実習に行くことが多いです。企業体験実習という題目で面談会が合ったりします。また、企業が事業所に直接資料を送るという事もあるようです。

実習と交通費

実習はいままで4回ありました。以下に交通費の結果を記載します。ただし、日数は計算しやすいようにしています。本当はもう少し安いかもしれません。

実習1

N駅からT駅 174円
T駅からO駅 194円
片道 368円
往復 736円
日数 10日
合計 7360円

この実習では広告会社に行きました。事前の募集内容ではWordPressの使い方を実習するという感じでしたが、なぜか復旧作業をしていました。パスワードの管理が甘く、乗っ取られた状態になってしまったようでした。出勤時刻は朝の9:30くらいだったと思います。数人の従業員のみがいる会社で、実習のために何かを教えてくれるというのはあまりありませんでした。

実習2

N駅からT駅 174円
T駅からK駅 216円
片道 390円
往復 780円
日数 10日
合計 7800円

2回目の実習では、パソコン教室のような事業をしている会社に実習に行きました。授業補助という仕事をしました。一般的な仕事ではないので、事務関係の経験のようなものにはならないのですが、好奇心で実習を申し込みました。毎日、楽しくやれましたが、電車の乗り換えが面倒だったのを覚えています。

実習3

N駅からT駅 174円
T駅からK駅 216円
片道 390円
往復 780円
日数 20日
合計 15600円

2回目の実習と同じところに行きました。Webサイト作成の授業が1か月くらいあって、それにあわせて実習をしました。好奇心のみで実習をしたのですが、こういう動機もたまには良いのかなと思います。期間が長かったので交通費は結構かかりました。

実習4

N駅からT駅 174円
T駅からO駅 194円
片道 368円
往復 736円
日数 10日
合計 7360円

IT系の会社で実習をしました。守秘義務が厳しいので詳細は書きませんが、静かな環境で作業が出来て良かったです。この実習は合格ならトライアル雇用になるというものでした。こういう実習に多く参加した方が良いと思います。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20180907220726p:plain

事前に備えたほうがいい

今のところ、実習の交通費は合計で30760円になってしまいました。どの実習も通勤時間は1時間以内だったのですが、それでも回数が重なるとこのような金額になってしまうようです。これから実習にいこうと考えている人は、実習の前に貯金をしておいた方が良いでしょう。

それにしても、私の場合、4回中3回は採用がない実習でした。今思うと、もっと採用のある実習に行った方が良かったかもしれないです

実習はたくさんあるのですが、採用を考えた実習というのは少ないようです。なので、何も考えずに実習先を選ぶと、ただ実習して終わりというパターンになると思います。それを繰り返していくと時間が過ぎていくだけになってしまって、もったいない気がします。

最後に一言

結構な出費額に驚いてます。