大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

好奇心で実習をすることも良いかもしれない


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

職場体験実習ついて書きます。

就労移行支援

私は現在、障害者向けの就労移行支援の事業所に通っています。利用期間は原則、最大2年間です。私は既に利用を開始して1年半は過ぎています。最初の頃はWordとExcelの復習をしていましたが、最近は就職活動もしています。主に次の2つをしています。

  • 求人に応募
  • 職場体験実習

ハローワークで求人を見て、興味があったものに応募するということをしつつ、職場体験実習へ行ってみるという感じです。

職場体験実習

障害者向けの実習を企業がやっていることがあります。職場体験実習の合同面接会で面接をして、合格すると実習が出来るというものです。採用のための実習をするという企業もあるようです。

私は自分のスキルを生かして、実習を受け入れてもらったことがあります。なので、業界未経験でも実習が出来るのかわかりません。

最初に受けた実習はWordPressの実習でした。WordPressというのはブログを管理するツールです。それを使う実習ということで募集をしている会社があったのです。私はWordPressについては自分で使ったことがあったので、ある程度の知識があり、実習の面接を合格することが出来ました。そして、実際にやったことはその会社のWebサイトの復旧作業でした。おそらく、未経験者が行けば、教えてもらうことがあったのかも知れませんが、私は特に何も教えてもらうことはありませんでした。今思えば、ボランティアに行ったようなものです。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20180713230833p:plain

次に受けたのは、WordやExcelの授業のアシスタントの実習でした。業務内容としてはあまり汎用性は感じられませんが、好奇心が勝り、実習を受けることにしました。WordとExcelの良い復習になりました。

上記アシスタントの実習はいったん終わりましたが、7月にWebページ作りの授業があるという事で、また実習に行くことになりました。Webページ作成は大学生の頃に授業でやりましたが、20年くらい前の話です。最近はどういう内容になったのかなという好奇心があり、実習に行くことにしました。

今後の就職活動に役立つのか、そんなことはあまり気にしてません。半分ボランティアのつもりで実習に行っています。こういうのは、就労移行支援の事業所に所属しているから出来ることなのだと考えてます。今のうちに、好奇心の赴くままに活動してみるのも良いと思ったのです。

職場に定期的に行っていること自体はもしかしたら、就職活動の自己PRになるかも知れません。スーツを着て毎日決められた時間働いているということが評価される可能性もあります。

とにかく、今は実習を満喫しています。

最後に一言

意外と充実した毎日です。

参加中 にほんブログ村 成人発達障害