大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

事業所がやり方を変えたら静かになった


スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

私が通っている事業所が、普段のやり方を少し変えました。その結果、静かになったという話をします。

デイリーチェック

私は就労移行支援の事業所に通っています。この事業所ではデイリーチェックという作業が毎日あります。利用者は専用の紙を職員からもらって、以下の事を記入します。

今日は何の日
記念日をネットで調べて書きます。私はWikipediaを見ますが、ほとんどの人はそうだと思います。
天気
ヤフーの天気予報などを見て書きます。
気になるニュース
ヤフーニュースを見て気になったものを書きます。
ヘルスチェック
以下を書きます。
  • 就寝時間と起床時間
  • お風呂に入りましたか
  • 服薬(昨日の昼、夕方、夜、今朝)
  • 今朝、顔を洗いましたか
  • 朝ご飯を食べましたか
  • 今朝、歯を磨きましたか
  • 今日の体調(好調、普通、不調)

これらを記入したら、職員を呼ぶことになってます。そして、記入したことについて解説するような感じです。

今日から変わる

今まではデイリーチェックは人によって時間がかかったりしたのですが、今日からやり方を変えるという連絡がセンター長からありました。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20180509204620p:plain

記入し終わったら、特別な相談事などがない限りは専用のカゴに提出するというやり方になりました。ただ、事業所に通って間もない利用者の場合は、互いの相互理解を深めるため、今まで通りに対話形式をとるようです。

やり方を変えた理由をセンター長に聞いたところ、職員と利用者の意見を総合して決めたようです。

職員側の意見は、事業所が何の場所なのか曖昧になっているというものです。確かに、デイリーチェックはお話をするだけの時間になってしまいがちです。記念日を何個も書く人もいます。それを全部紹介してくれるわけですが、結構時間かかかります。利用者によっては、休み時間になってもデイリーチェックが終わらず続いているという状況もありました。結果的に、その人の訓練時間が大きく減るという様子でした。訓練する場所なのだからこのような事は好ましくないでしょう。

利用者側の意見としては、声が気になるという意見があったそうです。確かに会話が弾んで声が大きくなる利用者もいます。私はそれほど気になったことはないのですが、人によるのでしょう。また、講座などの時間に不参加の人がデイリーチェックをすると、かなり声が目立ちます。外部の講師の方が来て下さる講座もあり、そのようなときにデイリーチェックをしているのは、失礼に当たるかもしれません。

ないのが普通らしい

このデイリーチェックでの職員との対話は、同じ会社がやっている他の事業所では、行ってないそうです。私が通っている事業所はまだ歴史が浅く、最初のうちは利用者とのコミュニケーションの機会を作る必要があったそうで、それデイリーチェックが対話形式だったようです。

事業所に通う目的は就職へ向けての訓練なので、対話形式をやめるのは妥当かと思います。やり方を変えた結果、静かになりました。

事業所の歴史の浅いとこういうやり方変更というのは良くあることかもしれません。逆に、歴史ある事業所はやり方が確立していて、厳格なのかも知れません。事業所選びの際は、事業所が立ち上がりから何年経過しているかというのもチェックすると良いと思います。

最後に一言

職員の入れ替わりとともにやり方も変わっていくという事なのでしょう。

参加中 にほんブログ村 成人発達障害