大人の発達障害者の挑戦日記

30代後半で成人発達障害者となった私の日記

最近は歯医者に縁がある

スポンサーリンク

こんにちは。エイキチです。

ここ1年ほど、歯医者に良く通っています。そのことについて書きます。

歯医者になかなかいかない

私は物事を忘れることが多く、自分が歯医者に行くべきということを忘れることが良くあります。

たぶん、少し違和感を感じたら歯医者に行った方が良いのですが、私の場合、そのままにしてひどくなることが多いです。

働いていたときは特にその傾向が強く、歯が少し痛くても歯医者に行くのを忘れてしまいます。また、そのころは何故か予約するということが嫌でした。予約が気になって他の事に集中できない状態になってしまうのです。今では歯医者を予約することが出来ます。スマートフォンのスケジュール機能を使うことで落ち着くことが出来ました。

一昨年あたり、あまりの歯痛で仕事に集中できないときがありました。さすがにその日は歯医者に電話をしました。予約して歯医者に行った結果、虫歯の進行がすごくて、歯を抜くことになってしまいました。

更にレントゲンを撮った結果、私の奥歯は生える方向が変だということも分かりました。一番奥の歯が手前の歯の方に傾いているのです。そのため、手前の歯は歯ブラシが届きにくい状態でした。そのとき、虫歯になったのはこの手前の歯でした。

経緯はよく思い出せませんが、奥歯とその手前の歯を抜くことになりました。奥歯は健康だったのですが、この歯が邪魔で手前の歯を抜くことが出来ないのです。そのため、奥歯も抜くことになりました。

人生初の抜歯

歯医者の先生には大学病院に紹介状を書いてもらい、そっちに予約して行きました。このころはもう会社を辞めていたので時間的な余裕はありました。

麻酔をしたので歯を抜くことは痛くはなかったのです。印象としては、なんか原始的なやり方でした。ペンチのようなもので歯をつかみ、抜き取るというものでした。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181207225013j:plain

仮歯をつける

抜歯が終了して、数日後、歯医者さんで仮歯を付けました。なんだかガムが詰まっているような感覚です。

付けたのは良いのですが、焼き肉屋で忘年会をしたら、取れました。ネットで調べたら仮歯がとれたら、歯医者に持って行くのが普通の対処のようです。しかし、私は紛失してしまいました。ちょうど良い入れ物がなかったのが良くなかったと思います。

歯医者に行ったら、応急処置だけしてくれました。他にも虫歯があり、そっちに仮歯を付けました。左側の上にも仮歯を付けることになりました。

ちょっと、怖くなってきました。左側の歯は全部仮歯にされてしまうのではと感じています。今のところそのような雰囲気はありませんが、歯は大切にしたいものです。

今日も仮歯が取れる

回転寿司で魚が厚かったのか、食べたときに上の仮歯が取れました。

今度はハンカチに包んで持って帰ろうと思いまいた。でも、これだと紛失してしまいそうです。

ちかくの100円ショップで、A7ビニールネットケースというものを買いました。これに入れれば失くす心配はなさそうです。縦12cm横8cmくらいの入れ物です。

f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181207225010j:plain
f:id:otona-hattatsushougai-challenge:20181207225007j:plain

何が言いたかったのかというと、このケースは仮歯を保管するのにちょうどよい入れ物だということです。緊急時に役立つと思います。

明日も歯医者

毎週金曜日は歯医者の日です。予約のペースが1週間おきペースになってます。もう半年はこの状態です。多分、このさきもずっと歯医者の世話になるのだと思います。

歯は大切にしましょう。

最後に一言

歯並びが良い人がうらやましいです。

参加中 にほんブログ村 成人発達障害